concrete5 CMS is a great CMS to work with !Try It

Great code, great design

adventcarendar2015

ts5.514server.net Blog adventcarendar2015

Advent Calendar 2015 concrte5 CMS 18日目 の担当させていただきます tomoya です。

今年の掲げたお題は『concrete5CMSに想いを馳せる』ですね!

巷では、『変態的コンクリ使い』だの、『アドオンオタク!』だのともっぱら言われていますが、決して今年に限っては一部を除いて、そういう案件を手がけていた訳ではありません。
ちょっとだけいやかなりディープな状態にあるのはまぁそれはそれとして。。。

◯アドオンについて
さて、今日現在みなさん本家公式サイトのマーケットプレイスのアドオンやテーマの数っていくつか分かりますか? ちょっと調べてみました。

◯concrete5.6.xx Addon
  Free-addon 390 addon
  Payment-addon 594 addon
  Total all 984 addon

◯concrete5.6.xx Themes
  Free- 118 themes
  Payment- 342 themes
  Total all 460 themes

◯concrete5.7.xx Addon
  Free- 82 addon
  Payment- 147 addon
  Total all 229 addon

◯concrete5.7.xx Themes
  Free- 3 themes
  Payment- 45 themes
  Total all 48 themes

3年前までは、毎日朝に本家公式サイトのマーケットプレイスをみて、数をカウントしておりました。そして昨年のカレンダーにも書きましたけども、無料のアドオンをダンロードしては片っ端から、concrete5.6系にインストールして、自分なりに他の使用方法はないか?便利な使い方はないか?などなど研究していては無料のアドオンをお試していましたので、ある意味アドオンオタクと呼ばれるのも無理はなかろうかと思います。
当時5.6系のアドオンしかなかったですが、やはり980個ぐらい数えていました。それから3年が過ぎて5.7系も新機軸でリリースされて1年が経ちました。


当然ながら、有料だったアドオンが5.4系までしか使えないのでマーケットプレイスから消えているのもありますし、無料になったアドオンなんかもあります。中には無料だったアドオンが有料になったりしているアドオンもあったりしますので、5.3系、5.4系、も多少は残っていますがアップデートできないモノは消えていますし、現行系に近い5.5系と5.6系のアドオンなんかは比較的バージョンアップしていてメンテナンスされています。そして人気のあるアドオンなんかが、5.7系へと移植グレードアップしていたりするので、5.7系のアドオンで5.6系からの移植組では早々とこの1年で登場しているのもある訳です。とはいえまだまだ移植されていないアドオンが多い訳なので、テキストエディター絡みがなければ、ご自身で5.7系にアップデートアドオンを自作してみても良い勉強になろうかと思います。

中根さんのブログ[デザインワークスオンサイド]では、5.6系での Designer Contents で自作ブロックを自作したものを5.7系へ自作移植変更させる記事があったりしますので、そういう挑戦もありかと思います。仕事で使用するということもあるかと思いますが、どちらかと言えば趣味の世界でのんびりと楽しんで学習するのもありかと思います。

また杉山さん[c5+ addon.com]が5.7系のアドオンを紹介したサイトを立ち上げておりますので、今後注目すると良いかと思います。ページ上の関係で『concrete5公式活用ガイドブック』のコラムに書ききれないアドオンについての内容がここに集約されるといいかなという期待もあります。
週間コンクリートのUstream番組のなかでも、Katzさんがアドオン毎に映像を残していますのでこれも参考になろうかと思います。

1、concrete5デフォルト標準に入っているブロックのソースを読む参考にする!
2、カスタムテンプレートを自作して、ご自身の欲しい機能が実装出来ないかどうかお試ししてみる!
3、マーケットプレイスのアドオンを探してみる!
4、マーケットプレイスのアドオンをカスタマイズして欲しい機能にならないか試してみる!
5、最後に、頑張って自作する!

の優先でご自身が欲しい機能が実装出来るか否かを判断すると良いかと思います。
それでもどうしてもダメな場合には。

1、フォーラムに投げる・質問してみる!
2、お近くの勉強会で聞く!
3、英語のサイトを読んでみる!
4、公式サイトを活用する!
5、それがビジネスなら、concrete5japan株式会社に問い合わせる!

などなど環境は整っているので気軽に問い合わせしてみるのも一つの手段でもあります。

アドオン次第っていう訳ではないですが、既存のものであれば開発コストは下がるし期待は持てます。
こういう前振りをするのは、5.6系から5.7系の話をしたいからです。

 

◯concrete5.7系はこんなCMS!『コンテンツを集めるCMS!』


5.6系は既存のCMSでコンテンツをまとめて、インターネットの世界へコンテンツを発射・配信していた、汎用型のCMSだったのですが、今度の5.7系に関しては、新設計されて1年掛けてだいぶ実用的に近ずいてきました。
既存の汎用型CMSはもちろんの事、重厚まではいかないもののエンタープライズ運用にも可能です。しかしなんといっても、インターネット上にあるコンテンツを発射・配信もするが、逆に集める、再構築する、他のウェブサービスと連携をする、他のCMSからコンテンツを引っ張ってくるなど、面白い機能が満載になる仕掛けが標準機能として用意されているからです。
是非、なるほどよく考えられているな!っていうのを実感・体感出来るCMSと言えるからなんですね。

1、オープンIDに対応(Facebook/Twitter/他のログインIDで共通のアカウント運用)
2、5.6系から5.7系へのマイグレーションコンテンツ移行ツール(他のCMSからの移行ツールも随時作成されている)
3、HTMLのインポーターツールのコアへの実装
4、JOBツールの開発によっての自動化
5、コアには実装されているが、表面機能ではまだないが、ギャサーリング機能(ウェブからデーターを集めて表示させる機能)

まだ書ききれない程に機能があるのですが、上記のものが間も無くGUI上でソースをいじらなくても設定出来るようになればますます便利になろうかと思います。


◯ユーザーグループの活動に関して!


2015年をちょっとだけ振り返ってみると、まずはエバンジェリストになりましたっていうことでしょうか?


元々はconcrete5japan communitiy で名刺が欲しかったんです。それで共有フォーラムでそのことを上げて紆余曲折してですね、ユーザーグループのコミュニティーリーダーではなくて、もっと広い意味でのエバンジェリストになっていました。正直に言えばエバンジェリストっていうとCPIさんのところの阿部さんぐらいしか知らなかったです。それで阿部さんのCPIブログを見て、なるほどそういう活動をするのかと思ったモノでした。


誰でも名乗りをあげれば今なら審査が甘いので恐らく名乗り上がれるかと思いますが、どちらかと言えば広報活動が大きなメインの役割なので、PHPのソースコードをガチで読めるぜ・かけるぜっていうよりも、ユーザーコミュニティーが全国で活動しているのでそれらと、新規のユーザーさんや、ちょっと知ってみたいという初心者から、ガチでビジネスをしたい人とか、ウェブ制作会社さんあたりの上級クラスまでを、潤滑油のように『つなぐ』というイメージの方がしっくりとくるような感じかと思います。その中で広めていくという感じになるのかと思います。


そもそも、ゆるーい『ユーザーグループ』では、初心者〜上級者までを自由に網羅出来るし、趣味〜ビジネスまでの広範囲の中で楽しんだり仕事したりの形のクラスともいえます。
その上のクラスにガチでビジネスをするぜっていう『インテグレートパートナー・ソリューションパートナー』というクラスがあります。
さらにその上には『concrete5japan株式会社』があり上記のそれぞれを取りまとめ、日本での方針を決めたり、ビジネスを追求していく組織でもありますが、本国アメリカ本家とのやり取りをしている会社であり、しかしながら1制作会社でもある訳ですね。
決してピラミッド型という訳ではないのですが、敢えて組織的に分類するとそんな構成の組織なのですが、オープンソースですし、あえてconcrete5らしいグループカラーで、そしてやはり自由に楽しく使ってもらうのが良いかと思います。

そのゆるーいユーザーグループとしては、こうでなければならないというようなものや、既存の団体像がある訳でもないので、楽しく想像の中で、でもこんな事をどこもやってないだろう?こんな斜め上的な発想で活動して来てまいりました。

1、決して初心者には優しい会ではなかったかもしれないが、セミナー形式でなく雑談形式で、いろんな業種の方と楽しく交流!
2、コン☆はま!らしく地元で開催しないで、他所でも開催、楽しく自由にそして交流!
3、コン☆はま!は楽しそうに新しい発想で。そしてそれがグループのカラー!
4、スライド1枚、PCすら開けないでの雑談会を開催w しかも他のユーザーグループの別の打ち合わせに変貌するとかw
5、積極的に色々な人たち、様々な職業の方々と楽しく交流!

来年も視野を広くもって、concrte5を軸として、ソフトにハードにボーダーレス的に様々な事にチャレンジして行きたいと思います。



◯ concrete5japan Advent Calendar 2014 [ LINK ]

  明日(12/19)は、twit_natasha さんです。

 

◯ concrete5japan Advent Calendar 2014 12/25 Fin [ Blog ]
◯ concrete5japan Advent Calendar 2015 12/25 Fin [ LINK ]

 



PAGE TOP

Built with concrete5 CMS. All Right Reserved ©2017 ts5.514server.net.